スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
良きかな良きかな、ほてほて日記。
金曜は仕事を終えると、
先輩と、一杯だけ、行こうかと言い、
朝まで飲んでしまった。目が覚めたら高尾山で、
驚くよりも電車の扉から吹き付ける冷たい風が
凍えるようだった。

土曜は、帰宅後3時間だけ眠ると、
楽器を担いで吉祥寺へ。
練習後は予定があると言うのであっさり解散し、
ひとり、ほっつき歩いて本屋により、
コーヒー屋でページをめくった。
どーでもいいが、楽器をもっていると、
行動がつらい。混んでる店に入るのが億劫でしょうがない。
そんなに冷たい目で見ないでおくれよ、向かいのお嬢さん。
なんて心の声は届くはずも無い。紅茶をすする。

楽器を背負った猫背のおとこ。
することもなく、だらだら帰って、
メシを食って風呂を沸かしてたら、
入る前に眠ってしまった。

本日、日曜は昼頃に目が覚めて、
予定が何も無いことを確認し、
文庫本をポケットに入れて近所を散歩。

わりと広めの公園が家の近くにある。
近すぎてあまり行かないが、たまにはいいもんだ。
子供とキャッチボールをするお父さん、見守るお母さん。
犬同士のじゃれあいを微笑ましくいさめ、会話を始める飼い主たち。
ひとつ木の下に茣蓙を広げて、
ビールにおつまみ、賑やかに手話で会話するカップル。
凧を上げている子もいた。
晴れ渡る空に、頼りない造りの小さな凧が、
吹く風のままに、高く浮かんでいる。印象的だった。

腹がへり、蕎麦屋に入る。
文庫本を開き、お茶をすすり、
蕎麦をずずずーと食う。

腹もふくれてホケッとしたら、
コンビニに寄って缶ビール。
ニヤニヤしながら人間観察。
何やら怪しげではあるだろうが、
勝手に気分が良くなってくる。

日も傾き始め、家族達も帰り支度。

金曜、先輩が言っていた、
子育てはスーパー楽しいぞ!って、
そりゃあ、とっても素敵なセリフであるなぁ。

家路に着きながらボンヤリと思い出した。
運ぶ命、未だ来ない未来。
どうでもよくないことが増えてくるな。
そういう年頃か。

家に帰り、ご飯とキムチを適当に炒めて、
適当なチャーハンを食う。
わりにウメェ!と自画自賛。

風呂に入って、ビールを飲んで、
本を読んで、この瞬間。

良きかな良きかな、こんな日曜日。
さて寝ようかの。
スポンサーサイト
【 2010/01/24 23:46 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
賀正(いまさら)
今さらですが、

あけましておめでとうございます。

みまさま今年も、こたつをよろしくお願いします。

このあいだ、カホンを買いました。

リハ後に、井の頭公園でカホンを叩き、

メンバーはアコギを弾き語り、とかやってると、

なんだかしあわせなキブンになるものだ。

素人でもなんとなく出来てる気分になるし。

でも、井の頭公園は打楽器禁止だって。

知らなかった。

その後はいせやで泥酔し、なんだかいい人間がいっぱいいる飲み屋に迷い込み、

電車で眠ってしまい、井の頭線を往復してしまった。

今年はいい感じで爆走します。よろしく。


シアトル石井

【 2010/01/07 01:52 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
新年、想うまま記
あけましておめでとうございます。

元旦、よく晴れて、うららかな陽気に包まれました。
朝はお雑煮を食べて、とくにすることもなく、
することを探すのも面倒だから、ボーっと本を読んで、うつらと眠り、
カシュッとプルトップを引いてビールを飲んだり、元旦らしい感じ。

しかしながら、年の移り変わりを実感せしめる事柄は、
若造の俺が言うのもなんだが、一昔前より減った気がする。

子供の頃、大晦日は必ず親戚の家に行っていたので、
其処からの帰りはいつも日付が変わるころ。
そうすると必ず暴走族が高速道路を封鎖していた。

一度など、そこそこ厳つい車に乗っていた為か、
知らず知らずのうちに暴走族と一緒に超低速暴走していた母と俺二人。
気付いたら周りがすべてヤン車で心底驚いたの記憶している。
ただ渋滞に巻き込まれただけと思っていたのだから、のん気なもんだ。

そう思えば、カーラジオから聞こえる紅白と、
車の窓から恐る恐る覗き見た、日の出大暴走が、
俺の年越し原風景かもしらぬ。

まあまあ、それはさておき、
明けた元旦の街並みがシンと静かに眠りに付くような、
あの頃の空気感をあまり感じられないのは、
多くの人が頷くことだと思う。

店は何処も閉じていたし、ケータイもネットも無かったから、
人との連絡は家の電話か年賀状のみ、情報や行動が制限されて、
いやおう無く、世間とは隔離された数日間を送っていた。

確かに、郷愁に似た感情を覚えるが、
いつでも人とつながれるこの時代、
どう考えても退化ではないわけだから、
悲観することは無い。
嫌ならケータイをへし折ってしまえばいい。

俺といえば、時代の寵児たるべく、
友に「あけおめ~」等とメールを送信しているのだから、
もはや意見することなど何も無い。

んむむ、文章がなんかよくわからん事になってきた。
そもそもからして、何も言いたいことなど無いのだから仕方あるまい。

皆さん、適当に今年もひとつよろしく。

ちなみに、俺は今年で29になる。
生まれが5月なので今年は20代最後が盛りだくさん。

バーニングファイヤーな年にします。

寝ようと思ったその瞬間、
もう一冊、本を読んでみる。

例えば、そういうところから。

生まれ出でたる感情の一切を、
押さえる事無く、疲れや精神の不安定を言い訳にせず、
がっつりと無理をしていきます。

着いたところが目的地つってな、
帰り道も忘れたよ。
なんてかっこつけて、時にかける迷惑も、
ひとつ笑って、許しておくんなまし。


今日は月がまるくでっかく鮮やかだった。
あなたの前だけでは素直でいられない。
強がってしまう俺を、どうかどうか許しておくれ。
闇を切り裂く、見苦しいほど一人ぼっち。

でわまた。

としや
【 2010/01/01 23:59 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。