スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
師走
どーも、さとしです。

昨日は立川ハートビートにてライブ。
楽しかったなー。

来てくれた方、対バンの皆様、イベント主催者のThree notesの皆さん、
どうもありがとうございました!!


さて、今日は先週の仕事が終わらず、
休日出勤中。

どんな会社でもそうなんだろうけど、
うちの会社の年末って、ホント恐ろしいほど忙しい。

もう無理っしょ、ってくらい仕事を詰め込まれる。
正直、いっつも逃げ出したくなる。

ってな思いをしながらも、毎年なんとかなっちゃうんだよなー。


“人はテンパッた分だけ成長できる。”

ぼくの先輩が言ってました。


年末はゆっくり過ごしたいなぁ。
もうちょっと、頑張ろー。




スポンサーサイト
【 2008/12/21 16:39 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
違う。
突然ですが、おれは広告が結構好き。

これ、すごいカッコいい。しびれる。

http://jp.youtube.com/watch?v=nytz2zfJL3I


知ってる人もいると思う。

アップルのCMです。

いしい
【 2008/12/13 01:16 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ジャンルについて。
「どんなジャンルの音楽やってるの??」

バンドをやっている人なら、
誰でも1度は聞かれたことのある、質問ではないでしょうか。

オレ、この質問されるの苦手なんです。
なんか、うまく答えられなくて。

多分、こたつの音楽をジャンルに分類すると、
日本語のパンクロックってとこになるんだと思う。

そう答えて、相手がイメージするものは、
実際のところ、あまりかけ離れてないだろう。

だけどね。
なんか、伝え足りないっていうか。
俺等の音楽はそれだけじゃないんだよ、っていう気持になる。

だから、いつも「ジャンルは?」って聞かれると、
うまく答えられない。

で、最近気がつきました。
これって人見知りに似た感情なのかなって。

人見知りって、
自分を良く想ってほしいっていう気持が強すぎて、
自分をうまく出せないことじゃないですか。

ヘタなこと言って誤解されたくないなって、
消極的になっちゃう感じというか。

要は、自意識が強いあまりに、
人とうまくコミュニケーションを取れない状態ってとこでしょうか。

こたつのジャンルは、日本語のパンクロックだよ。
そう言えば、すんなり伝わるのかもしれないけど、
やっぱり、本当に俺等が大事にしている部分が伝わらない気がするから、
「どんなジャンルなの?」って聞かれる度にオレはいつも、
「こたつのジャンルはこたつとしか言えないよ」なんて、
いい年した大人にも関わらず、人見知りで自意識過剰な回答をしてしまうのです。

さとし


【 2008/12/09 03:49 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ピカソ
きのう、六本木の新国際美術館で、
ピカソ展を見てきました。

ピカソの絵のすごさってのは、
オレは、よく分からないんだけど、
ただ一つね、良いなぁって思うことがあるんです。

それは、オレでもこれ描けるんじゃないかって思えてしまうところ。

いやね、ピカソは風景画も人物画も描けるし、
類いまれなるデッサン力があったうえで、
あんな感じの絵を描いているワケであって、
決して、素人に描ける代物でないのは分かってるんです。

でもね、そう思えちゃうんです。
なんか、オレにもやれそうだぞって。

ちなみにボクは中学生時代、美術の成績が2だったほど絵心がないし、
美術の授業が大嫌いだったんです。
でも、あるとき美術の授業が自習だったときに
友達とピカソっぽい絵を描こうぜって言って、
めちゃくちゃな色をふんだんに使って、
めちゃくちゃに絵を描いたことがあって
すげえ、面白かった思い出があるの。
絵を描くって面白いじゃねーかって、初めて思えたときかもしれない。
なんの意味もメッセージも持たない、ひどい絵だったけどね。うん。

多分そのとき描いた絵は、誰の心も動かせないだろうし、
素人がめちゃくちゃに描いた、なんの価値もないものなんだろうけど、
所詮、芸術なんて、創っている本人がワクワクしているのであれば、
それで全て良いじゃねえかって、オレは考えてます。

で、話は戻って、
ピカソの絵のすごさって、結局オレ分からないんだけど、
彼はとてもワクワクしながら描いてたのかなぁって思って観ると、
なんかオレもワクワクしてくるから、好きです。

さとし
【 2008/12/08 03:40 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
不思議なこと
新しい曲ができました。

新曲ができるのは、なかなか嬉しいものです。

こたつは、テクニックのあるバンドではないので、

みなさまにお見せできるクオリティーになるまで、時間がかかります。

大まかな構成とメロディーから成る初期の段階は、

中学生か?と思うほど、演奏がガチャガチャしています。

それが練習を重ねることで、本当に少しずつ、よくなっていきます。

グルーブが生まれてきます。

よく考えると、個人のテクニックが上げあっているわけではないのに。

それって、少し不思議だと、今思いました。

やっぱり、バンドって面白いって思う。

ひとつのものを、複数の人で本当に同時につくっていくことって、

なかなかないんじゃないか。



なかなか名曲ができました。

いしい





【 2008/12/08 00:38 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。